千葉県のほぼ中央に位置する八街市。落花生・すいか・人参・大根など、野菜の栽培が盛んな地域に店を構えております。

ダイレクトマーケット

コンバインカバー
ブルーとオレンジの2色をご用意。大切なコンバインを風雨から守ります!
9,800 円〜
作業機・運搬車用タイヤ A220
耐久性・耐摩耗性に優れ、運搬用として優れたけん引力を発揮します。
2,320 円〜
SN-180mm幅 60ピッチ TN 除雪機用ゴムクローラー
180mm幅 60ピッチ 30コマ 芯金タイプ
20,350 円〜
ポンプガスケット No.317A (WE0317A)
注文単位:10ヶ
6,550 円

ブログ

2023/01/02 18:30
玉兎
新年明けましておめでとう御座います。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、卯年となりました。
十二支は動物で表されていますが、本来は植物の成長過程、循環する様子を表したものだそうです。
卯年は4番目の循環過程で、芽を出した植物が葉や茎を成長させている姿で、また、兎は跳ねることから飛躍のある年とも言われています。
日本では昔から兎は親しみがあって、明るい月を見て兎がお餅をついていたり、因幡の白兎だったり、雪が降るとかためて身体を作り、ナンテンの実で赤い目と葉っぱを耳にして雪兎を作ります。
ちなみに、アジアでは兎ではなく「猫年」の国も少なくありません。

脱兎の如く過ぎゆく毎日ですが、
ご来光に手を合わせ、月を愛でる時間もまた一興かと。


  • 記入者:y.o.
  • カテゴリ:
2022/11/13 20:00
色彩の季節
シクラメン、パンジー、ビオラ、ハボタン。
秋は、地面に近い花の彩りが私たちを楽しませてくれます。
ふっ、と視線を上げると銀杏や紅葉、楓の葉が思い思いに色付いていて、秋の深まりと冬の到来を教えてくれます。
この時期に八街では少しだけ自然薯が採れます。
畑で育てている農家さんもありますが、天然物の自然薯は一味違うように感じます。
運がいいと無人販売所に並んでいることもあるので、紅葉狩りを兼ねていらっしゃってみてください。
(無人販売所マップをつくってみようかな?)
寒暖の差が身体にこたえる時期です。
皆さまお身体をご自愛ください。


  • 記入者:y.o.
  • カテゴリ:日記
2022/09/24 07:22
彼岸

八街では彼岸花が満開です。
田んぼの畦や畔、あちらにひと叢こちらにひと叢。
私の中では秋を代表するお花です。
別名 ー曼珠沙華ー
いかにもお彼岸の雰囲気が感じられる名前ですよね。
その他にも曼珠沙華は地域によって色々な呼び方があるようです。
どれも不吉な呼び名ですが、それもそのはず、曼珠沙華の球根には毒性があります。
子供達が触らないようにじゅうぶん気を付けてあげましょう。
それでも毒性のある曼珠沙華が昔から愛されて大切にされていたのには理由があります。わかりますか?
そうです。害獣対策です。
曼珠沙華の球根の周りにはミミズが近寄りません。そうするとミミズを大好きなモグラも寄ってこないというわけですね。

線香花火のように、細く赤く開く曼珠沙華。
とても綺麗です。


  • 記入者:y.o.
  • カテゴリ:日記
2022/09/04 20:00
食欲の秋
【 食欲の秋 】
商店街の魚屋さんには秋刀魚が並び、八百屋さんには真っ赤なトマトが彩りを飾っています。
八街では茹で落花生用のおおまさりや梨、トマトにキノコなんかも収穫と出荷の真っ盛りになっています。
今週末の水田では何台ものコンバインが忙しなく行ったり来たりしながらたっぷり実った稲の収穫をしていました。
この頃の水田の周りは本当に良い匂いがします。
稲穂と藁と土の匂い。
この季節の匂いと風景がいつまでも残りますように。


  • 記入者:y.o.
  • カテゴリ:日記
2022/07/17 20:00
翠の景色
7月中旬になり、田んぼでは飽水管理が始まりました。
飽水管理とは、根をしっかり伸ばすための間断灌水のあと工程、根の活力維持のためのそれはそれは大切な工程です。
水があり過ぎてもダメ、無さ過ぎてもダメ、農家さんの手腕が問われる大事な時期なんです。
この時期の稲はまだ穂は目立ちません。
田んぼ一面に緑の景色が広がります。
私の家の近くの田んぼには幅が2、3メートルの水路があって、そこには大小様々な魚が泳いでいます。
それを狙って来るのが『翡翠』です。
田んぼの水路で宝石のように輝きながら飛ぶ翡翠。
運がいいと見られるかもしれません。
そんな真夏の、翠の景色があります。


  • 記入者:y.o.
  • カテゴリ:日記